家庭教師.NAVI

家庭教師の個人契約・直接契約とは?その紹介システムと長所や短所比較

かてきょーヒットマンrebornリボーン 家庭教師の個人契約・直接契約とは、家庭側と個人家庭教師プロが直接契約書を交わすシステムの事を言います。従って、個人家庭教師側は、毎月の月謝から中間マージンを抜かれないので、その分高い収入が得られるのが特徴です。また、家庭側は、個人家庭教師のプロを探す際に、Web上の仲介業者を介して紹介して貰う為に、初回のみ仲介手数料を支払う必要が有りますが、良心的な仲介Websiteの手数料が1万円弱~2万円程度なので、毎月の月謝からマージンを業者に抜かれるよりはと、考える方も多い…。
また、個人で活動している家庭教師は、収入の大半を家庭教師業から得ているので、プロ意識が強く、生徒や家庭からの信頼や支持が無ければ即収入に響く事から、責任感が強い長所がある反面、個人で活動している為、大手の予備校や進学塾の様に「今年の入試出題傾向」を多用なチャンネルから情報収集して、模擬テストを行ったり、入試予想問題に対しての傾向と対策の手を打つ等には若干乏しい弱点も併せ持っています。つまり、組織力に乏しい弱点です。
従って、入試予想問題を対策すると言うより、生徒に基礎学力を身につけさせるのが主たる目的と考えた方が良いと思います。

進学予備校や進学塾の少人数制個別指導との違いは?

かてきょーヒットマンrebornリボーン 予備校や塾が新規生徒募集を行う際に、人気が有るのが「個別指導」や「少人数制」と呼ばれる生徒2~3人(多くても5人程度まで)で行われる授業が有ります。多人数で受ける学校や予備校・塾の通常の授業とは異なり、教師と生徒の距離感が近く、理解できない所を自由に聞ける雰囲気が有ります。しかし、この方法にも欠点があり、家庭教師の様に生徒と1対1のマンツーマンで向き合って、徹底して理解できるまで教えると言う事が難しいのです。生徒三人中二人が理解できた場合、一人が理解できなくても理解できた二人の為に先に進まなくてはいけない事情も手伝い、理解できなかった一人の生徒は、わからないままに理解できた二人と同じペースで先に進まないといけない予備校側の事情も有るのです。この点で個人家庭教師のプロは、一人の生徒が理解できるまで「とことん」付き合って教えてくれるので、生徒は基礎学力が身に付きます。もう一つの大きな違いは、個人家庭教師のプロの場合は、月謝授業料が予備校や塾より割高に成ってしまうことです。例えば、一人の教師に対して、1万円を一人の生徒で払うのと(個人家庭教師)、3人の生徒で割って払うのと(予備校・塾)、どちらが安い?と聞かれると、誰だって予備校や塾の方が安いと言うに決まっていますが、先に述べたように、我が子の基礎学力が付くのはどっち?と聞かれると断然「個人家庭教師のプロ」と答えるでしょう。つまり、どちらか迷った際の決定的な選択のポイントは、「我が子の理解力や勉強中の集中力」と言う事に成ります。有る程度、学校の授業にも付いて行けているお子様なら予備校や進学塾でも伸びる可能性がありますが、学校の授業に付いて行けてないお子様の場合は、多少費用が掛かっても迷う余地無く「個人家庭教師のプロ」を御願いした方が、基礎学力が身に付き、徐々に学校の授業にも付いて行けるように成ります。

予備校や学習塾にすべきか、家庭教師にすべきか・・・選択のポイント | 長所と短所

かてきょーヒットマンrebornリボーン 予備校や学習塾の長所
■学習環境が整備されており、予備校や学習塾に通うことにより勉強の習慣が身に付く。
■生徒の成績でクラス分けされており、同じレベルの子たちと勉強する事で競い合う事や、教えあう事ができる。
■授業のペースは学校よりも進んでいる予備校や学習塾が多いため、学校で復習する事となり理解力が高まる。
■結果を求められる予備校や学習塾の授業内容は、学校の授業よりレベルがやや高く、解りやすく教え理解しやすい。
■進路指導や目標管理を定期定期に行っている場合が多く、モチベーションが下がりそうに成ると修正される。
■全国模試一斉テストなどで、学力が全国レベルのどの辺り(順番)なのか、判断が容易に出来る。

予備校や学習塾の短所
■大人数での授業のため個々の生徒に目が行き届かず、どうしても全体主義的な運営方針と成らざるを得ません。
■全体主義授業のため、生徒個々の習熟度で勉強を進められないため、「分からないまま」授業は先に進みます。
■途中で予備校通いや塾通いを休むと、授業について行けず勉強するモチベーションを無くしストレスに成る場合も…。
■分からない所があっても質問する雰囲気では無い為、理解できないカ所は理解できないまま授業は進みます。
予備校や学習塾の場合、生徒集団の理解度による授業を意識している為、マンツーマン指導することができないのが、
個人家庭教師のプロとの大きな違いと言えるでしょう。

個人家庭教師のプロの長所
個人家庭教師のプロは、生徒個人の習熟度やペース・レベルに合わせて進められ、分からないところの質問もしやすく、理解するまで何度でも丁寧に教えることができます。また、曜日や時間の変更などがフレキシブルで融通がきくため、予備校や塾のように休んだら授業に付いて行けなくなる心配もありません。個人家庭教師のプロは、1対1で生徒と接しているため、塾の講師などよりずっと身近な存在になるので、勉強以外でも子供の相談相手になる事が有ります。また、家庭教師のプロとして、「結果」が伴わなければ状況によっては家族から断られるケースも出てくるため、家族への報告や相談などのフォローも、より具体的です。

個人家庭教師のプロの短所
短所としては自宅に教師を呼ぶことが躊躇われたり、予備校や進学塾と比べて、仲間との競争心が希薄に成りがちです。
また、自宅だと緊張感に欠けて親や個人家庭教師のプロに対して甘えが生じやすく、緊迫感が無い「場の雰囲気」もあります。
個人家庭教師のプロも、「人の子」ですから生徒と歩調を合わせる事ができない「相性の悪い」教師も居ます。この場合、生徒は先生が来る日が憂鬱になり、勉強に対して最悪のモチベーションに成ることも有ります。契約前の打ち合わせ等で「人物」を見ることがとても大切に成ってきます。

今来てもらっている個人家庭教師のプロを評価してみる

かてきょーヒットマンrebornリボーン その個人家庭教師さんが、お子様の個人家庭教師として対価を支払った分、ちゃんと「機能しているか」判断基準をお持ちでしょうか? 家庭側(主にお母さん)と親しくなると、どうしても双方に甘えが出てきます。家庭側としては、「とっても良い人柄の家庭教師さんだし、子供もなついているから今更他の家庭教師に替えようとは思わない」と考えるでしょうし、また家庭教師側は、成績が上らないのを子供の責任にしてしまう人も居ます。「自分は、他の子供にも同じように教えているのに、この子だけは成績が上らない・・・」等と言う家庭教師は論外です。何故なら、習熟度や成績を上げる為に対価を支払っているのですから、対価に見合う「成果や結果」を出せないなら、どんなに良い人柄の教師でも子供のために「替えてみる」必要が有ります。また、家庭側にも大きな誤りが存在する場合も有ります。お金を払って、家庭教師をつければ何とか成るだろう・・・程度に考えていませんか?その空気は家庭教師にも伝わり、ピリピリした緊張感の様なものが依頼者側と依頼される側に無ければ、無意識の意識下で間接的に生徒(子供)にも伝染して成績は伸びません。「親も真剣なんだ」と言う姿勢が伝わらないといけません。

個人家庭教師の判断基準3つの条件
【1】個人家庭教師のプロ自身の目標は明確ですか?
次のテストの為に、どうしても~日までに~のカ所を習熟しておかなければいけない等の説明や報告が常にありますか?
掲げる目標には、具体的な「数値」が入っていなければ目標とは言えません。例えば、時間軸(日・曜日)や点数や順位など。
【2】現在、生徒(子供)が理解(習熟)できていないカ所の報告と理解するまでのプラン報告。
どんな対策を、何回の家庭教師授業で行い、いつまでにどんな結果を出すかという目標設定説明は明確ですか?
そして、立てた目標に対しての、結果の報告と予定通りに行かなかった場合のアフターフォロープランの提案は如何ですか?
ただ何気なく家庭教師に来ている担当からは、このような会話は有りません。なぁなぁの馴れ合いから、報告を怠る場合も・・・。
【3】ご家庭のお母さんやお父さんとのコミュニケーションは如何でしょうか?
子供の日常生活の過ごし方に問題が有る場合、家族の協力を求めたり、質問したりするのが個人家庭教師のプロです。
例えば、TVゲームが大好きな子供はゲームをやり始めたら時間を忘れてゲームに夢中になります。子供の子供たる所以で、自己コントロールが未だ出来ないのが子供ですから、ご両親や家族からの注意や「家庭内ルール」を作って「ゲームは夕方七時まで」として約束を守らなかったときの家庭内ペナルティーを設けて、自己学習に向かわせる様に家族の協力を仰ぐのも個人家庭教師のプロなら当然行わなければいけないコミュニケーションの一つです。
この、「家族への協力要請」が曖昧で甘い家庭教師では、「成績が上る」と言う点で大きな結果を出すのは難しいでしょう。

全国家庭教師サイト検索

北海道から~沖縄まで、直接契約や個人契約の登録・募集サイトや紹介サイト・派遣サイト・掲示版サイト等を都道府県毎にTOP20サイトをご紹介

国立大学現役大学生を直接紹介してくれる大学受付窓口

全国家庭教師直接契約個人契約登録派遣紹介サイト

相互リンク募集中

※当サイトでは、随時相互リンクを募集中です。貴サイトから当サイトへのリンクを張って頂き、リンクしたページのURL情報等をメールフォームよりご連絡下さいましたら、当方からもリンク致します。ご連絡、お待ち致します。詳しくは、「相互リンク募集中」Linkをご参照下さい。
相互リンク集

↑ PAGE TOP